人気ブログランキング |

皆様に音楽の魅力をお伝えします。トランペット、弾き語りレッスン、結婚披露宴、各種パーティでの演奏。全国訪問してます。norion55555(at)gmail.com


by norion55

上海Jazzツアーその2

上海のモーリシャスのミュージシャンとのセッションで改めて思ったこと。
何かが根本的に違う気がした。
大阪で、ジミー・スミスさんとのセッションの時と同じ感覚、あの時の、
あの 「 一緒にアホになれる感じ 」 だ。

海外のミュージシャンは、 1 2 3 4 をいちいち記さない。それは、彼らの体内で感じてるからだ。感じてる故、そこからさらにむこうにいける。そう、自由自在にタイムの中で遊べるわけだ。 

タイム同様、コード感も体の奥底で、無意識に鳴っているわけで、結果、そのコードから湧き出てきたものがサウンドとなる。コードの上をいく、そう、自由自在にサウンドの中で遊べるわけだ。
みんなが同じものを感じてるなら、それを確認し合う必要もないし、強く感じてれば感じているほど、可能性は無限だ。

考える音楽から、感じる音楽へ。

Don't think , feel !
Be water , my Friend !

e0097491_23571625.jpg

Jhonny Joseph  from Mauritiusのドラム は かなりヤバかった♪


e0097491_071882.jpg

記す必要がなく、枠から開放された感じだった。
by norion55 | 2007-02-05 00:09 | 音楽日記