「ほっ」と。キャンペーン

皆様に音楽の魅力をお伝えします。トランペット、弾き語りレッスン、結婚披露宴、各種パーティでの演奏。全国訪問してます。norion5555(at)ybb.ne.jp


by norion55

カテゴリ:音楽日記( 10 )

e0097491_05362975.jpeg




ベートーベンに 神を感じ

ラフマニノフに 愛を感じ

そして、 ブルックナーには 宇宙を感じる ☆彡


I feel Divene in Beethoven

I feel Love in Rachmaninoff

I feel Universe in Bruckner ☆彡








一日 一回、
あなたの 一票を
ありがとう~o(^▽^)o ☆

Thank you for your
one day one click for me !!

↓ クリックよろしく お願い~☆☆☆ !


にほんブログ村
にほんブログ村




にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by norion55 | 2016-06-27 05:35 | 音楽日記
風邪をひいてしまいました(^_^;)

熱がある時のLIVEは、肉体的には、
かなりキツいですが、トータルで見ると、
なかなか良かったりすることが多々あるように
思われます。

肉体がシャットアウトされることで、覚醒する観念体、
音を司る精神圈レベルの何かが、周りを六感センサーで
包みこみ、肉体で制御できない故の見事な絵が
描けることがある。

トランペットやボーカルの物理元抵抗体を抜けると
、もはやそれらは アストラルレベルになる
わけで、自身もそれに併せて観念体剥き出し状態になることは、
必ずしも悪い事ではないような気がするが、
どうなんでしょう⁉

しかし、演奏中は かなりしんどいので、
あまりひきたくないですねぇ〜風邪だけわ(-。-;








一日 一回、
あなたの 一票を
ありがとう~ ☆

Thank you for
one day one click for me !!

↓ クリックよろしく お願い~☆☆☆ !


にほんブログ村
にほんブログ村




にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by norion55 | 2010-11-11 00:58 | 音楽日記

赤城山に向けて ♪


e0097491_15591091.jpg


赤城山の麓 貴舟神社近くで 演奏してきました♪
Here I am down the Akagi Mt.

周りは山に囲まれ 澄み切った空気の中での演奏は
This kind of atmosphere

冴えますねぇ~~☆彡
makes me chillin' performance ☆彡






一日 一回、
あなたの 一票を
ありがとう~ ☆

Thank you for
one day one click for me !!

↓ クリックよろしく お願い~☆☆☆ !


にほんブログ村
にほんブログ村




にほんブログ村

にほんブログ村

[PR]
by norion55 | 2010-10-23 16:02 | 音楽日記



e0097491_22561729.jpg

埼玉県 深谷市 七ツ梅酒造 ライヴ決定!!!!!





e0097491_22564192.jpg







e0097491_2257458.jpg







e0097491_22573070.jpg







e0097491_2258296.jpg







e0097491_2258307.jpg







e0097491_2259682.jpg

一歩 足を 踏み入れると、





e0097491_2312264.jpg

そこはもう 神隠しの世界。





e0097491_2315829.jpg

江戸時代から伝わる 崇高な 空気感。





e0097491_2322415.jpg







e0097491_232586.jpg








e0097491_2332516.jpg

神々の welcomeな  囁きを 風に聞く。







e0097491_2335958.jpg

白様に 会えた・・・








e0097491_2343783.jpg

ような 気がした。。。







e0097491_2351433.jpg



5月30日 16:00~ 

Jazz と 和の 融合

体感して ください!


チケットの ご予約は

info@hidakanorio.com
まで








ランキングが 下がってきました。。。
あなたの 清き 一票を!!
 
↓ クリックよろしく お願い~☆☆☆ !


にほんブログ村
にほんブログ村




にほんブログ村

にほんブログ村







[PR]
by norion55 | 2009-04-01 23:29 | 音楽日記

ゲーンノラシンに習う


時間枠をずらすことで、三次元的に物事が見えてくる。

その場の空間すら、曲げてしまうことさえある。

やっぱり、リズムセンスのある人は、どのジャンルにおいても長けてる。

http://www.youtube.com/watch?v=a6Khzf0J-fA
[PR]
by norion55 | 2007-05-05 13:04 | 音楽日記

ベートーベンに習う



ベートーベンの音楽には神聖さがある。まさに人間の創造性は、神から授かった産物だということを証明しているかのようだ。

そんなベートーベンが 苦節の時を乗り越え、出てきたメロディーが ミミファソソファミレドドレミミレレ~ミミファソソファミレドドレミレドド~♪(第九 喜びの歌!)

そう、答えはドレミファソの中にあったのである。

難しいテンションやコードでは出せない、ダイアトニック上のすぐ隣にある音で数珠繋ぎされた、自然で美しいメロディー。。。

シンプル イズ ベスト。 そういうミュージシャンになりたいものだ。。


Sister Act 2 から
http://www.youtube.com/watch?v=C_c_MHkba5c&mode=related&search=


ハモリがヤバい!もうチョット聴きたかった。。。
http://www.youtube.com/watch?v=D8U21J8xwFw&NR


歌もダンスもうまい、Oh, Happy Day の彼。元気にしてんのかなぁ??
http://www.youtube.com/watch?v=SLY7yI1xV-M
[PR]
by norion55 | 2007-04-18 06:42 | 音楽日記

歌舞伎に習う


歌舞伎の世界には 「すり足」 という素晴らしい技法がある。
腰を折り、畳の上をゆっくり、すり足ながら歩く技法だ。
この歩き方により、敵に畳の目の間から襲われても、すぐ身をかわせるようになり、確実に次の一歩を前へ進めるわけだ。

似たようなところで、盲目の人達が転ばない理論がある。
一歩一歩、ゆっくり、しかし全神経を足の裏に感じることにより、少々の段差や石ころなどでは転ばないのである。


音楽の世界も同じである。
目を瞑り、ゆっくりと自然に動くことにより、大きな波、波動などを自然と感じることが可能になる。
感じたものに、感じた音を、感じたまま融合させていくもの、即興音楽の醍醐味である。


大好きなシンガー、グラディス・ナイト!! このスローな動きがまたいい♪
http://www.youtube.com/watch?v=7JximDL5gos&mode=related&search=
[PR]
by norion55 | 2007-03-10 05:08 | 音楽日記

お笑いに習う その2

お笑いの世界にもスクールがある。
そこで、笑いのノウハウを習う。
三段落ち、乗り突っ込み、かぶせなど、見ていると面白い。
しかし、それにより、全体の流れからして、明らかにその流れをさえぎることがある。
知っているからといって、ここでもあそこでも突っ込んでいると、
後で全体を振り返ってみると、結構つまらないものになっていたりする。

ジャズにもスクールがあるが、同じことが言える。
経験する前に教えられる知識やテクニック。
安全かつ堅実ではあるものの、
時に、本当の彼らの内なる声を聞きたくなることがある。
[PR]
by norion55 | 2007-02-19 02:50 | 音楽日記

お笑いに習う

最近はお笑いブームで、東京でも漫才の番組をよく見る。
ネタを仕込んで舞台で披露してる姿に思わず応援してしまう。
しかし、よく思うのが、
ネタの披露だけで終わる若手が、最近多いような気がする。
決められたセリフを着々と台本通り進行する中で、
かんだり、度忘れした時こそ、
そのコンビの本当の力量が問われる。
合い方も、それに乗っかり返し、輪をかけて脱線して煽りをかけると、
今までにない、大きな歓声の波がドッカーンと来ることがよくある。

もちろん、面白いネタを練り、披露することは大切だが、
その枠から一歩外へ出た即興トーク、漫才に
本当の面白みを見い出すことができる。
インプロヴィゼーション性のあるトーク
お笑いも、音楽も同じである。
[PR]
by norion55 | 2007-02-11 22:39 | 音楽日記
上海のモーリシャスのミュージシャンとのセッションで改めて思ったこと。
何かが根本的に違う気がした。
大阪で、ジミー・スミスさんとのセッションの時と同じ感覚、あの時の、
あの 「 一緒にアホになれる感じ 」 だ。

海外のミュージシャンは、 1 2 3 4 をいちいち記さない。それは、彼らの体内で感じてるからだ。感じてる故、そこからさらにむこうにいける。そう、自由自在にタイムの中で遊べるわけだ。 

タイム同様、コード感も体の奥底で、無意識に鳴っているわけで、結果、そのコードから湧き出てきたものがサウンドとなる。コードの上をいく、そう、自由自在にサウンドの中で遊べるわけだ。
みんなが同じものを感じてるなら、それを確認し合う必要もないし、強く感じてれば感じているほど、可能性は無限だ。

考える音楽から、感じる音楽へ。

Don't think , feel !
Be water , my Friend !

e0097491_23571625.jpg

Jhonny Joseph  from Mauritiusのドラム は かなりヤバかった♪


e0097491_071882.jpg

記す必要がなく、枠から開放された感じだった。
[PR]
by norion55 | 2007-02-05 00:09 | 音楽関係